脱毛前に日焼け!施術を受けることはできる?

更新日:

日焼けのときは脱毛NG!

昨今、ムダ毛処理のために脱毛サロンで施術を受ける女性は急増しています。

そこで知っておいてほしいのが、脱毛の施術を受ける際には日焼けをして行く事は厳禁ということです。

その理由は、脱毛で使用される光、レーザーは黒色に反応する性質を利用してムダ毛を処理しているからです。

そもそも脱毛サロンでは、皮膚の下にある毛根のメラニンという黒色の物質にだけ反応するレーザー、光を照射します。

レーザー、光を受けた毛根は熱エネルギーを吸収して、破壊されていきます。

その結果、施術から数日すると、毛がだんだんと抜け落ちて新しい毛を生やす力が弱まっていくのです。

 

しかし日焼けをして肌が黒い場合、機械が肌の黒さにも反応してしまいます

その結果、エネルギーが拡散してしまうので毛根に届かなくなってしまうのです

毛根に効率よく照射できないので、全く脱毛効果が得られません。

 

それだけではなくレーザーや光の刺激によって、肌トラブルが起きる確率が高くなっています

このような理由から、日焼けした状態で脱毛サロンに行くと施術を断られるケースが大半となります。

 

日焼けのときの肌の状態

日焼けをしている肌は、とてもデリケートで肌に負担がかかっている状態です。

まず日光に含まれる紫外線の影響で、肌は通常よりも極度の乾燥状態にあります。

そして日光の影響で、肌は軽い火傷をしている状態といえます。

そのため日焼けをしている状態で脱毛を受けると、普段は何も感じないレーザーの刺激がより増して感じるようになります。

場合によっては、ひどい痛みを伴うこともあります。

 

また照射されるレーザー、光自体が熱を持っているので、施術を受けると日焼けによる火傷をさらに悪化させる恐れがあります

さらに熱の作用で肌の乾燥を倍増させて、色素沈着、シミになる可能性もあります。

肌に悪い状態なので、脱毛サロンから施術を受けない方が良いと判断されてしまいます。

 

脱毛サロンに通っている間は、日焼けをしないように

脱毛中は日焼け厳禁

脱毛サロンに通っている間は、順調に安全にムダ毛のケアをするために日焼けをしない事が大切です

日常生活の範囲内の日焼けなら問題ないですが、過剰に日焼けをすると施術を受けられなくなってしまいます

脱毛サロンに通っている間は、出来る限り海や山でのアウトドア、屋外プールなどに遊びに出かけるのは控えたほうが良いです。

 

日焼けを防止するには、日焼け止めクリームの使用が最適です。

コンビニ、スーパー、ドラッグストアなど様々な場所で気軽に購入する事ができるアイテムです。

様々な商品がありますが、確実に日焼けを防止するためにも最低でもSPF30以上の数値のものを選ぶ必要があります

1番日焼けを避けたい夏の暑い時期は、汗でクリームが流れ落ちやすいです。

そのため2時間ごとを目安に、こまめに塗り直す事も大切なポイントといえます。

 

その他の日焼け対策の方法として、紫外線対策用の帽子、日傘などの使用をオススメします。

外出時に気軽に利用できるので、とても便利ですよ。

 

日焼けをしてしまうと予定通りに脱毛が進まなくなってしまい、場合によっては施術をキャンセル(1回消費)しないといけないこともあります。

お金と時間を無駄にしないためにも、日焼けをしないように十分に気をつけましょう。

 

>>脱毛を始めるのに1番いい時期は?<<

 

-脱毛のよくある質問集

Copyright© 脱毛@大阪~失敗しない!人気の脱毛サロンはここ , 2018 AllRights Reserved.